未就学児の教材に関する情報サイト

>

教えて!通信教育を受ける際の費用相場

格安の未就学児向けの通信教育

未就学児向けの通信教育で格安な教材を扱っている会社の主な費用は、「学研ゼミのキッズクラス」だと、24か月分一括払いですが、月540円のタブレットとパソコンの教材を使った通信教育で「いちぶんのいち幼児」は、12か月分一括払いですが、月595円の学習プリント教材を使った通信教育を行っています。
この他に「がんばる舎すてっぷ」では、12か月分一括払いですが、月641円で、学習プリント教材を使った通信教育を行っていたり「こぐま会ひとりでとっくん365日」でも、月1080円で学習プリント教材を使った通信教育を行っています。
この他にも、様々な格安の通信教育教材があるので、機会があったら調べてみてくださいね。

子供のためなら高額な通信教育でもOK?

未就学児向けの通信教育で高額な教材を扱っている会社の主な費用は、「学研通信講座の幼児コース」だと、初期費用5400円で、月7020円で学習プリントを使った通信教育を行っていて「公文式通信学習」は、初期費用0円で、月8100円の学習プリントを使った通信教育を行っています。
「子ども向けオンライン英会話グローバルクラウン」は、初期費用0円で、月9800円で、iPhoneやiPadを使った通信教育を行っていて、「名門小学校の通信教育ルナ」は、初期費用0円で、12か月一括払いですが、月17280円で名門小学校受験用のテキストを使った通信教育を行っています。
格安な通信教育に比べて、月々の金額が高額になってしまいますが、お子さんの将来のために、候補の1つとして考えてみても良いかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る