未就学児の教材に関する情報サイト

>

通信教育が始まったのは明治時代から

利点

お子さんが通信教育の教材を、あまりやりたがらなくても、定期的に教材が届くので、ある程度強制的に通信教育教材をやってくれる可能性が高くなるという利点や格安の通信教材でも内容は充実していたりするという利点があります。
その他に、塾などに通うと移動時間や通うための費用が発生してしまいますが、通信教育の場合はそれが発生しません。また、時間制限がないという点や、様々な教材を同時に使用する事ができるため塾などに通うよりも選ぶ手間を省けるといった点も利点でしょう。
費用をできるだけ安く抑えたい方や塾などに行かせるのではなく、自宅で自分の目の届く範囲で、お子さんに様々な事を学ばせたい親御さんには、おすすめの学習方法です。

欠点

定期的に自宅に教材が届きますが、お子さんが通信教育の教材を使って学習してくれなければ意味がないという欠点や高額な通信教材を受けさせたいと親御さんが考えている場合は、塾に行かせるよりも費用が高くなってしまう可能性があるという欠点があります。
この他に、通信教育を受けさせることで、定期的に教材が届くため親御さんがお子さんの知恵玩具など選ぶ手間を省くことができますが、通信教育の教材を最初に選ばなければならないという欠点やある一定の期間で通信教育を受けるのを辞めたい場合には別途費用が掛かる可能性があるという欠点があります。

いくつかお試しで通信教育を受けてみてお子さんに合った通信教育教材を探してみるのも良いかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る