未就学児の潜在能力を引き出すための教材ってどんなもの?

未就学児の教材に関する情報サイト

通信教育が始まったのは明治時代から

お子さんがある程度の年齢になると「通信教育を子供に受けさせた方がいいのかな」と悩んでしまう親御さんは多いと思います。 未就学児向けの通信教育の利点と欠点は何なのかお話したいと思いますので、お子さんに未就学児向けの通信教育を受けさせた方が良いのかどうか結論を出す際の参考にしてみてくださいね。

教えて!通信教育を受ける際の費用相場

未就学児向けの通信教育を受ける際の費用がどのくらいか皆さんは知っていますか?漠然と費用高そうだなって思っている親御さんも多いかと思いますので、未就学児向けの人気の通信教育の費用について調べてみました。 想像していたよりも費用が安かったという事もあるかもしれませんので読んでみると良いかもしれません。

通信教育の利点と欠点

通信教育とは、様々な事情で教室などで教育を受けられない人向けにパソコンや郵便などの手段を使って行う教育方法です。
日本で通信教育が始まったのは、明治時代からで、現在の早稲田大学である東京専門学校が、早稲田講義録というものを発行し通信教育を一番最初に始めました。
大正時代の末期になると日本女子大学校では一ヵ年半ほどでご自宅で女子大学卒業レベルの学力を得られ、学校で先生から学ぶ内容と何も変わりはありません。
分からない所は質問にお答え致します。毎日、少しの時間を割いて勉強すれば、一ヵ年半という短い期間で最も安い学費で、卒業者には卒業証書授与しますという宣伝をしつつ、日本女子大学校通信教授の女子大学講義を発行しました。
第二次世界大戦前には「学講義録」や「英語講義録」や「電気講義録」や「囲碁講義録」など様々な講義録が発行され中等や高等教育の大衆化にたくさん貢献しました。
このサイトでは、通信教育のメリットやデメリット未就学児向けの通信教育を受ける際の費用相場やおすすめの未就学児向けの教材の紹介など初歩的な内容からマニアックな内容まで詳しくお話したいと思いますので、未就学児の通信教育について詳しく知っている方は、確認する意味も込めて改めて読んでみると新たな発見があるかもしれません。
未就学児の通信教育についてあまり知らない方は、参考になるなと思える内容が多いかと思いますので雑誌を読む感覚で読んでみてくださいね。

おすすめの教材はこれ

通信教育を子供に受けさせたいけど、通信教育の教材がたくさんありすぎて、どの通信教育の教材が良いのか分からないって思っている親御さんへ未就学児向けのおすすめの通信教育の教材を紹介したいと思います。 お子さんに合った通信教育教材は、どの教材なのか決める際の参考になるかと思いますので読んでみましょう

TOPへ戻る